Resources Index

Blog

生体直交化学:細胞内の糖の重要性を探る

生体直交化学は、科学や医学に幅広く応用されています。近年では、その使用によりさまざまな研究が大きく発展してきています。 糖鎖RNAの発見を通じてグリコシル化の分野を発展させてきたことに加え、薬物送達と薬剤標的でも応用が有望視されています。

Blog

オミクロン変異株でますます必要性が増す多角的なCOVID-19ワクチン戦略

スパイクタンパク質を標的とするSARS-CoV-2のための現行のワクチンは、今後の抗ウイルス治療と次世代ワクチンの開発に向けた重要なステップとなっています。 これらのワクチンにより入院患者数と死亡者数が減少しました。 しかし、ウイルスの変異と進化が継続している中で、スパイクタンパク質を標的にするだけでは防御免疫には不十分かもしれません。

Blog

幻覚剤はうつ病とPTSDの次の治療薬となるか

最近の臨床試験では、適切な用量や投与であれば、LSDやMDMAそしてサイロシビンなどの幻覚剤が精神障害の治療に効果があることが示されています。 この最新の研究について読む。

Blog

知的財産に関する洞察を活用して研究開発で競争力を強化

研究開発の計画に知的財産(IP)戦略を組み込むことによって、ビジネスの競争力がどのように強化されるのかをご覧ください。

Blog

人を対象とした臨床試験が開始する初めてのAI設計候補薬について、その構造的新規性を評価する

本ブログ記事は、最近公開されたCASによる薬剤イノベーションの指標の詳細を説明します。これは新しい分子エンティティ(NME)の構造的新規性をもとに、新薬の革新性をより的確に評価するものです。

Blog

「アンドラッガブルな」RASタンパク質を標的とするがん治療の新たなトレンド

ヒトのがんは、その5分の1がRAS変異が関わっていると推定されています。 かつてはアンドラッガブルだと考えられていましたが、本ブログ記事ではRAS阻害剤における最近の進歩や新しい治療法に焦点を当ててみます。

Blog

COVID-19ワクチンのブースター接種: 現在の研究で明らかになっている内容

最近mRNAワクチンのブースター接種が推奨されていますが、多くの人がCOVID-19ワクチンのブースターを接種すべきかどうか、科学的にはどうなのかを疑問に思っています。 このブログ記事では、ブースター接種の科学的根拠の説明、現在推奨される対応の確認、最近の研究内容の検討を行います。

Blog

mRNAワクチン品質管理にその用途を持つ新しいオリゴヌクレオチドは、CAS Registry Numberを2億5千万件目に取得しました。

mRNAワクチンの品質管理にその用途を持つModernaの新しいオリゴヌクレオチドは、2億5千万件目にCAS REGISTRYに登録されました。

記事

COVID-19ワクチン開発のグローバルな取り組みに関するレビュー

このレポートでは、COVID-19ワクチン研究のレビュー、基盤となる技術の比較、その応用におけるアジュバントとデリバリーシステムの利用についてまとめ、今後の方向性についての概観を提供します。